投稿

2月25日(日)午前 1:00〜3:00 メンテナンスのためサービスを停止します

いつも Feedeen をご利用いただき、ありがとうございます。運営者の伊藤です。

2月25日(日)午前 1:00〜3:00 の時間帯に、下記の通り Feedeen のメンテナンスを実施させていただきます。メンテナンス期間中は Feedeen がご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

メンテナンス内容:
アプリケーションの更新DB構造の変更各サーバーの交換
先日SNS上で画面を公開したHTMLからフィードを生成する機能も、今回のメンテナンスで使えるようになります。検証用のデータをご提供いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

メンテナンス期間中はご不便をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

1月4日(木)午前 1:00〜3:00 メンテナンスのためサービスを停止します

いつも Feedeen をご利用いただき、ありがとうございます。運営者の伊藤です。

年明け早々でたいへん恐縮なのですが、1月4日(木)午前 1:00〜3:00 の時間帯に、下記の通り Feedeen のメンテナンスを実施させていただきます。メンテナンス期間中は Feedeen がご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

メンテナンス内容:

データベースサーバーの入れ替え

現在稼働中のデータベースサーバーは12/21の障害が発生したものをそのまま使い続けており、安定稼働に不安のある状態です。そこで、可能な限り速やかに新しいサーバーに切り替えるべく、メンテナンスを実施させていただく次第です。メンテナンス期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。

最後になってしまいましたが、本年は Feedeen のご愛顧、まことにありがとうございます。皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

12月21日のサービス障害について

いつも Feedeen のご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

本日(12月21日)の午後1時頃から1時間ほど、Feedeenのサービスが事前告知なく停止する障害が発生いたしました。影響を受けた皆様、たいへん申し訳ございません。現在判明している情報をご報告させていただきます。

概要 12月21日の13:04頃、データベースサーバーの異常を知らせるアラートが発生し、確認したところデータベースへのアクセスが遮断された状態となっていました。早急な復帰は不可能と判断したため、Feedeenをメンテナンスモードに移行し、データベースにアクセスするサービスをすべて停止して復旧作業を行いました。14:00頃に復旧作業が完了し、メンテナンスモードを解除、サービス復帰のアナウンスを行いました。

障害による影響 約1時間の間、サービスの停止が発生しました。なお、この障害によるデータの喪失はございません。

障害の原因 データベースサーバーとの通信が突然遮断され、一時的にですが完全にアクセス不能な状況となりました。このため、Feedeenのほぼすべてのサービスを停止せざるを得ない状況となりました。アクセス不能となった原因は把握できておりませんが、クラウドプラットフォーム内の通信障害、もしくはサーバーをホストしている物理マシンの再起動などが考えられます。

障害への対応 当初はデータベースサーバーへのアクセスが完全に遮断された状態に陥ったため、別のデータベースサーバーを起動して差し替えるべく作業を開始しました。しかし、作業中にアクセスが復帰し、データベースサーバーの再起動に成功したため、現行のサーバーを使って復帰させる方針に切り替えました。データベースの再起動後、簡単なチェックを行った後に各サービスを順次復帰させました。

今後の対応 現在のところ、 Feedeen ではシステムの冗長化等の対策が運営コストの面で難しく、サーバー障害による突発的なサービス停止は(稀にではありますが)今後も発生する可能性があります。監視体制の改善などで、万一の場合でも速やかに復旧できるよう努めてまいります。

また、一度障害が発生したサーバーは障害発生の確率が高まることも考えられるので、近いうちにデータベースサーバーの入れ替えを検討しております。その場合は告知の上で深夜にメンテナンスを実施させていただきま…

HTMLからフィードを生成する機能の精度向上にご協力ください

イメージ
いつも Feedeen のご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

今回は、HTMLからフィードを生成する機能の開発についてユーザーの皆様のご協力を募るため、記事を投稿させていただきます。

現在、フィードを配信していない Web サイトも Feedeen で購読可能とする機能を計画しており、その一環として HTML ページからフィードを生成する処理を開発しました。しかし、いかんせん個人で開発しているため、精度向上のためのデータが不足し、精度の改善に困難が生じております。そこで、同機能にご興味のあるユーザーの皆様に購読したいページを入力していただき、生成結果について簡単な評価をしていただきたいのです。

具体的な手順としては、まず https://feed-detector.appspot.com/ にアクセスしていただき、表示されるフォームに URL を入力してください。



送信すると、ページ内のリンクを自動的にグループ化して表示します。このグループがフィードとして選択できるようになるとお考えください。そのグループをクリックすると、グループ内のすべてのリンクが一覧されます。



グループをひと通りご確認いただいた後、ページ下部の「評価する」をタップしてください。評価として3段階の選択肢が表示されますので、適切なものにチェックを入れてください。下2つを選んだ場合はコメント欄も表示されますので、改善点などをご指摘いただければ幸いです。



ひとつのページ(Web サイト)につき1分程度で終わります。現在 Feedeen で購読できない購読希望ページがありましたら、ぜひ入力と評価をお願いいたします。

なお、実際に Feedeen に HTML 購読機能を実装する際は、上記のような自動検出に加えて、 CSS セレクタなどで明示的にリンクを指定することも可能にする予定です。そのほかにも改善のアイディアなどございましたら、お問い合わせフォームにてぜひお聞かせください。

今回の HTML 購読機能に限らず、 Feedeen に集約できる情報を少しでも増やすため、努力を続けてまいります。今後とも Feedeen をよろしくお願いいたします。

Firefox Quantum対応の拡張機能を公開しました。

イメージ
いつも Feedeen のご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

Firefox Quantum に対応した Feedeen の拡張機能を先ほど公開いたしました。自動でアップデートされるはずですが、もし数日経っても変化がない場合は、旧バージョンを削除した後に下記のURLから再度インストールしてください。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/feedeen/

なお、購読ボタンは常時表示されるツールバーボタンではなく、フィードが見つかったときのみアドレスバー右端に表示されるように変更されております。 Chrome 版と仕様を統一するためですので、なにとぞご了承ください。


Firefox Quantum のリリースに対応が間に合わず、利用できない期間が発生してしまいましたこと、たいへん申し訳ありません。今後とも Feedeen をよろしくお願いいたします。

Androidのネイティブ共有メニューが利用できるようになりました

イメージ
いつもFeedeenをご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

今朝、Feedeenのアップデートを実施しましたので、主な更新内容をご紹介します。とくにAndroidデバイスでは、送信先からOSの共有メニューが呼び出せるようになり、幅広いネイティブアプリとの連携が可能になりました。他のプラットフォームでは不可能な機能ですので、Androidユーザーの皆様、ぜひ優越感に浸ってください😃

プリセットの送信先を追加 詳細設定で有効にするだけで利用できるプリセットの送信先として、以下の2つを追加しました。
ネイティブな共有メニューを表示する「システム共有メニュー」クリップボードに記事タイトルやURLをコピーする「クリップボード」 利用するには、詳細設定の「送信先」で該当する項目をONにしてください(詳しくはヘルプページをご参照ください)。


「システム共有メニュー」はOSの共有メニューを呼び出す機能で、ネイティブアプリとほぼ同等の共有機能を実現します。


この機能はAndroid版Chrome 61(現時点での最新版)で追加された Web Share API を利用しており、残念ながら現在のところAndroid以外では利用できません。しかし、標準化が検討されており、実際にiOSでも実装が議論されているようですので、来年あたりには他のプラットフォームでも動くかもしれません。

もうひとつの「クリップボード」は、その名のとおりOSのクリップボードを送信先とするものです。選択すると下の画像のようなページが表示され、タイトルのみ、URLのみ、またはタイトルとURLの両方をクリップボードにコピーできます。


少し面倒ではありますが、Android以外のプラットフォームで他のネイティブアプリ等に記事タイトル・URLを持っていきたいときにご利用いただけます。もちろん、対応しているアプリでしたらURLスキームを設定していただくとより便利ですよ!

送信先でのJavaScriptの実行 「システム共有メニュー」を実装した副産物として、カスタム送信先で任意のJavaScriptコードを実行できるようになりました。ブックマークレットと同じ要領でJavaScriptコードをjavascript:〜形式のURLに変換し、カスタム送信先の「送信先URL」の欄に入力すれば、その送信先を選択した際にスクリプ…

初心者向け基本操作ガイドを追加しました

イメージ
いつも Feedeen をご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

先日、先行して公開した「送信先」機能の説明に続いて、初心者向けの基本操作ガイドを公開しました。フィードアイテムを開く方法から始まり、 Feedeen の基本操作をひととおり説明するものです。

このガイドはヘルプサイトでご参照いただけるほか、今後新たに登録されるアカウントには最初からフィードとして追加され、(これまでの手抜きなガイドや動画に代わって)Feedeen の使い方を把握していただけます。


また、既存ユーザーの皆様の購読リストにも、勝手ながらこれらのフィードを追加させていただきました。これまでほとんど説明がなかった機能の情報なども含んでいるので、ざっとご参照いただければ幸いです。ご不要な場合は、通常のフィードと同じ方法で削除していただけます。

これまで使い方についての網羅的な説明がなく、申し訳ありませんでした。今回のガイド追加でだいぶ改善されたかと思いますが、まだまだ説明不足の箇所も多いので、ヘルプの拡充は継続してまいります。今後とも Feedeen をよろしくお願いいたします。