投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

招待コードなしでご登録いただけるようになりました

イメージ
これまで Feedeen にご登録いただくには、招待コードが配布されるのをお待ちいただく必要がありました。安定したサービス提供を優先するためとはいえ、興味を持っていただいた皆様にご不便をおかけしてしまい、たいへん心苦しく思っております。

本日、この状況を改善し、基本的に即時のご登録ができるように変更いたしました。まだ一日単位での登録数制限は残っており、多数の登録があると招待制に戻ってしまうのですが、最近の状況からじゅうぶん余裕のある数に設定してあります。

また、ともすると怪しいサイトに見えるほどダサかったトップページもリニューアルし、シンプルでわかりやすいデザインに変更しました。これまで曖昧だったログイン等のエラー表示も充実させたので、ユーザーの皆様を惑わせてしまうこともだいぶ減るかと思います。



まだまだ至らない点は多いですが、すべての方に気持よく使っていただけるフィードリーダを目指して改善を続けてまいります。今後とも Feedeen をよろしくお願いいたします!




4月15日(火) 1:00〜3:00 にメンテナンスを行います

急なお知らせで恐縮ですが、次の火曜日(4/15)の深夜 1:00 〜 3:00 にかけて、メンテナンスのためFeedeenのサービスを停止します。作業内容は以下のとおりです。

アプリケーションの更新OpenSSL の Heartbleed バグへの対応
2番目の Heartbleed バグというのは、SSLによる暗号化通信を実現する「OpenSSL」というライブラリに見つかった脆弱性で、数日前から報道されております。 SSL に対応した Web サーバーが持っている任意の情報を抜き出せるという深刻なものです。

Feedeen はまだ SSL に対応しておりませんので(夏頃の対応を目指して作業中です)アプリケーション本体は Heartbleed バグの影響を受けません。ただし、フィードの内容を取得する「クローラ」と呼ばれる部分は不特定多数の Web サイトにアクセスするため、その際に情報を抜き取られた可能性が(ごく僅かですが)あります。そこで、念には念を入れて、クローラが持っていた情報(DBのパスワードなど)を変更することにいたしました。

なお、データベースはファイアウォールの内側にあるので、たとえパスワードが漏れたとしても外部からアクセスされることはありません。

また、Feedeenで使用しているOpenSSLライブラリ自体は、脆弱性が発表された直後に修正バージョンに更新済みです。今回のメンテナンスは、脆弱性の発表以前に攻撃が行われていた可能性に対処するものです。

ご不便をおかけいたしますが、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。