すべて既読の取り消し、新しいショートカットやジェスチャなど

いつも Feedeen をご利用いただき、ありがとうございます。昨晩のメンテナンスで追加した機能などをご紹介します。


「すべて既読」などの取り消しが可能になりました


間違えて「すべて既読」などのボタンを押してしまい、多数の未読状態を失ってしまったことがありませんでしょうか。今回の更新で、そうした意図しない一括既読操作の取り消しができるようになりました。

デスクトップ版であれば、「すべて既読」または「ここまで既読」を実行した後に、フィード名を表示するバーの部分に黒いポップアップが表示されます。その「取消」をクリックすれば、既読操作が取り消されます。

デスクトップ版の一括既読時ポップアップ

モバイル・タブレット版では、画面下部にポップアップが表示されます。このポップアップのどこでも良いのでタップすれば、取り消しになります。

モバイル版の一括既読時ポップアップ

いずれの場合も取り消されるのは一括既読操作によって既読になったアイテムのみで、個別に既読にしたアイテムは対象外です。個別既読操作については、その履歴を表示するグループ(フォルダ)の追加して、簡単に未読に戻せるようにすることを検討しております。

なお、処理の都合により、オフラインモードではこの取り消し機能が動作しません(ポップアップが表示されません)。現在のオフラインモードは少々中途半端な状態なので、今後抜本的な見直しを考えております。


新しいキーボードショートカットの追加


キーボードショートカットで操作できる機能として、新たに次の 2 つを追加しました。
  • 選択アイテムまで既読(デフォルト Shift + R)
  • 送信先メニューを表示(デフォルト Shift + T)

「選択アイテムまで既読」は、展開後のフィードアイテム下部のバーにある「ここまで既読」とほぼ同機能です。フォーカスが当たっているアイテム(薄い黄色で表示される)まで既読にする仕様なので、アイテムを展開しなくても機能を実行できます。

「送信先メニューを表示」は、その名のとおり送信先メニューをキーボードで開くことができます。

送信先メニュー(例)

メニューの選択には、カーソルキーの上下のほか、移動系のショートカット(デフォルトなら J, K, N, P など)も使えます。決定は Enter キーです。


モーションジェスチャの追加


モバイル版で使用できるモーションジェスチャにも、実行可能なアクションを 5 つ追加しました。
  • 前のフィードへ移動
  • 次のフィードへ移動
  • 最初の未読フィードへ移動
  • 最後の未読フィードへ移動
  • 送信先メニューを表示

「前(次)のフィードへ移動」は、現在表示中のフィードのひとつ前(次)のフィードを表示します。前・次の判定はフィードリストの表示順となりますので、グループを展開しておけば、グループ内のフィードにも移動します。

「最初(最後)の未読フィードへ移動」は、未読のあるフィードのうち、フィードリストの表示順で最初(最後)のものに移動します。

「送信先メニューを表示」は、キーボードショートカットと同様に送信先メニューを表示します。こちらは展開されたアイテムが対象になるので、展開されていない状態では実行できません。

モーションジェスチャの設定画面

モーションジェスチャの詳細については、以下のページをご覧ください。

モーションジェスチャの使い方
http://help.feedeen.com/howto/use-motion-gesture


「BGタブで開く」ショートカットについて


すでに多くのご報告をいただいておりますが、キーボードショートカットの「BGタブで開く」が最新の Chrome で機能しなくなっております(「別タブで開く」と同じ挙動になっている)。もともとこの機能は Chrome の特殊な挙動を使って実現していましたが、最新版でその挙動が変更されてしまい、残念ながら機能しなくなってしまいました。

現在、このショートカットを復活させるためのブラウザ拡張の開発を進めております。 Chrome はもちろん、 Firefox, Safari もサポート予定です。今しばらくのご辛抱をお願いいたします。


今後の機能追加について


今回追加した機能も、多くは皆様からのご要望にもとづいております。ご要望をくださった皆様に、改めて感謝申し上げます。

今後、まずはご要望のなかで大きなデータ構造の変更などが必要ないものを優先して実現していきます。その後、少し時間をかけてデータ構造の見直し等を行い、残りのご要望に対応していこうと考えております。

まだお時間をいただくものが多くあるかと思いますが、いただいているご要望にはできる限り対応していく所存ですので、今後とも Feedeen をよろしくお願いいたします。もちろん、新たなご要望も歓迎ですので、お気づきの点がございましたら、お問い合わせフォームなどでぜひお知らせください。



コメント

このブログの人気の投稿

Yahoo! オークションの更新頻度調整について

HTMLからフィードを生成する機能の精度向上にご協力ください

Firefox Quantum対応の拡張機能を公開しました。