投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

Firefox拡張機能の新規開発を一時凍結します

Chrome 拡張による検索機能を公開した際の記事で、 Firefox 拡張についても同様の機能を提供する旨を告知しました。しかし、 Firefox をご利用の方々にはたいへん申し訳ないのですが、本日はまったく逆のご報告をしなければなりません。諸般の事情により、検索機能を含めた Firefox 拡張の新規開発を、当面の間凍結することにいたしました。

凍結の主な理由は、 Mozilla から新しい拡張機能 API (WebExtensions) が公開され、従来の拡張機能の仕組みは廃止される方向となったためです。

WebExtensions は従来の API と互換性がなく、まったく異なる仕組みの上で拡張機能が動作することになります。検索機能を実現するためには Web ブラウザ上に多くのデータを保存する必要があり、それが WebExtensions への移行時に多くのトラブルを引き起こすと予想されます。このため、いったん拡張機能の開発を凍結し、 WebExtensions が実用段階に達するのを待って検索機能を再実装することにいたしました。

なお、あくまで新規開発の凍結ですので、現在公開中の拡張機能は今後もメンテナンスを続けます。安心してご利用ください。

WebExtensions が正式公開となる時期は明示されていませんが、関連の深い Electrolysis という機能のスケジュールから、おそらく 2015 年末〜 2016 年初あたりでしょう。開発作業や審査等の期間を考えると、 Firefox 拡張機能への検索機能のご提供は、早くて来年 2016 年の春頃となりそうです。ご提供が大幅に遅れることとなり、たいへん心苦しいのですが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。



新規アイテムにマークを表示、指定日以前のアイテムをまとめて既読など

イメージ
いつも Feedeen のご利用ありがとうございます。昨晩アプリケーションを更新し、以下の追加・変更を行いました。
新規アイテムにマークを表示「重複アイテムを自動で既読」の挙動を変更指定日以前のアイテムをまとめて既読表示モードの指定をメニューからボタンに変更ツールバーなどを隠すサポートする動作環境の変更について それぞれ簡単にご紹介します。


新規アイテムにマークを表示
はじめて表示するフィードアイテムに青いドットが表示され、簡単に識別できるようになりました。更新を行った際に新しく追加されたアイテムがわかりやすくなり、どこまで読んだかの目安にもなるでしょう。



デスクトップ版の展開表示の場合は、タイトル部分の背景全体が青くなります。


この機能は、前回追加した「重複アイテムを自動で既読」の仕組みを応用して実現しています。そのため、一部のブラウザ(iOSのサードパーティブラウザなど)では動作しない、表示の履歴は一週間程度で破棄される、等の制限があります。制限の詳細はヘルプ「重複アイテムを自動的に既読にするには」をご覧ください。


「重複アイテムを自動で既読」の挙動を変更
新規アイテムマークの表示の伴い、「重複アイテムを自動で既読」の挙動も微妙に変更しました。これまではフィードリストを読み込んだ際に一括で重複判定と既読の処理を行っていましたが、今回からは、そのアイテムが実際に表示されたタイミングで行うようにしました。

表示範囲外で知らないうちに既読に変更されることがなくなるので、一般的には好ましい挙動のはずですが、表示されてから既読に変更されるまでに僅かなラグがあるという欠点があります。これが気になる場合はぜひご意見ください。なんらかの対処を検討します。


指定日以前のアイテムをまとめて既読
「すべて既読」ボタンの右端にメニューを表示する▼マークを追加し、既読にする範囲をいくつかの選択肢から選べるようになりました。


モバイル版・タブレット版でも、「表示中の全アイテムを既読にする」の横に同様のメニューを表示するボタンがあります。


大量の未読が溜まってしまったときなどにご活用ください。


表示モードの指定をメニューからボタンに変更
デスクトップ版のツールバーにある表示モード変更の UI を、ドロップダウンのメニューからボタンに変更しました。


これまで2クリックだったところが1クリックで…