Chromeにおけるスクロールの挙動変更について

いつも Feedeen のご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。デスクトップ版 Google Chrome において、マウスクリックでフィードアイテムを開いた際の挙動を若干変更しましたので、変更内容および変更理由をご説明させていただきます。


変更内容


Feedeen でフィードアイテムをクリックして開くと、従来はそのフィードアイテムが一番上に表示されるようにスクロールを行っていました。これを Google Chrome においてのみ、「クリックしたアイテムが上から2番目に表示されるようにスクロールする」という挙動に変更いたしました。つまり、クリックしたアイテムのひとつ上のアイテムが表示された状態になります。

この変更は Google Chrome でマウスクリックによってアイテムを開いた場合のみ適用され、他のブラウザ、およびキーボードショートカットでアイテムを開いた場合は従来のまま変更ありません。


変更理由


あるユーザーの方より、「Google Chrome においてマウスクリックでフィードアイテムを閉じようとすると、勝手にスクロールして閉じることができないことがある」という旨のご報告をいただきました。当方でも現象を再現し調査したところ、以下のことが判明しました。

  • アイテムリストの上端付近をクリックすると、数回に一回程度発生する
  • JavaScriptによるものではなく、ブラウザが強制的にスクロールさせている
  • 現象が発生すると、クリックイベントの通知対象もおかしくなる(このため、アイテムが閉じない)
  • アイテムを閉じるときだけではなく、スターなどのクリックでも発生する
  • 発生するのは Google Chrome (Blinkエンジン)のみ
Feedeen 側の JavaScript によるものではないため、 Feedeen 側で現象を直接制御する手段がありません。いくつか考えられる対処も試したのですが、残念ながら回避方法は見つかりませんでした。

そこで、「アイテムリストの上端付近をクリック」という条件に着目し、そのような操作をする機会を減らすため、冒頭のとおりの変更を実施しました。まったくの対処療法なのですが、影響を可能な限り緩和するための措置ということで、ご理解いただければ幸いです。

Google Chromeユーザーの皆様には、ご不便をおかけして申し訳ございません。もし今回の変更になんらかの不都合がある場合は、問い合わせフォームよりご遠慮なくお知らせください。可能な限り対応を検討いたします。

今後とも Feedeen をよろしくお願いいたします。


コメント

このブログの人気の投稿

Yahoo! オークションの更新頻度調整について

Firefox Quantum対応の拡張機能を公開しました。

ネイティブアプリを送信先にする