ネイティブアプリを送信先にする

いつもご利用ありがとうございます、運営者の伊藤です。

ドキュメント拡充の一環として、さきほど「送信先」機能の説明ページを公開しました。送信先の基本的な使用方法に加えて、ネイティブアプリを送信先とする方法もご説明しています。とくにモバイルデバイスではたいへん便利ですので、このブログでも簡単にご紹介させていただきます。

「送信先」機能は、各種SNSやオンラインブックマークなどの投稿フォームのURLを登録し、アイテムフッタにあるアイコンから呼び出せるようにするものです。

「送信先」メニュー

このようなメニューから投稿先を選択するだけで、簡単に記事を保存・共有できます。Webアプリケーションについてはプリセットの設定もいくつか用意しており、すでにご利用くださっている方もおられるかと思います。

さらに Feedeen の送信先は URL を自由に登録でき、ネイティブアプリケーションの機能を呼び出すURLスキームも指定できるようになっています。例えば、送信先URLとして

twitter://post?message=${title}%20${url}

を指定すれば、Twitter の公式アプリで記事をツィートできます(Android, iOS, Mac, Windows で確認)。

公式Twitterアプリを送信先に設定

残念ながら、投稿内容を含む高度なURLスキームを持つアプリはそれほど多くないようですが、使い慣れたアプリで投稿できるのは大きな利点です。説明ページに運営者が確認したURLスキームをいくつか掲載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

これまできちんとした説明がなく、たいへん申し訳ありませんでした。送信先機能、ぜひご活用ください!


コメント

このブログの人気の投稿

Yahoo! オークションの更新頻度調整について

3月19日(日)午前 1:00〜4:00 メンテナンスのためサービスを停止します