投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

Androidのネイティブ共有メニューが利用できるようになりました

イメージ
いつもFeedeenをご利用ありがとうございます。運営者の伊藤です。

今朝、Feedeenのアップデートを実施しましたので、主な更新内容をご紹介します。とくにAndroidデバイスでは、送信先からOSの共有メニューが呼び出せるようになり、幅広いネイティブアプリとの連携が可能になりました。他のプラットフォームでは不可能な機能ですので、Androidユーザーの皆様、ぜひ優越感に浸ってください😃

プリセットの送信先を追加 詳細設定で有効にするだけで利用できるプリセットの送信先として、以下の2つを追加しました。
ネイティブな共有メニューを表示する「システム共有メニュー」クリップボードに記事タイトルやURLをコピーする「クリップボード」 利用するには、詳細設定の「送信先」で該当する項目をONにしてください(詳しくはヘルプページをご参照ください)。


「システム共有メニュー」はOSの共有メニューを呼び出す機能で、ネイティブアプリとほぼ同等の共有機能を実現します。


この機能はAndroid版Chrome 61(現時点での最新版)で追加された Web Share API を利用しており、残念ながら現在のところAndroid以外では利用できません。しかし、標準化が検討されており、実際にiOSでも実装が議論されているようですので、来年あたりには他のプラットフォームでも動くかもしれません。

もうひとつの「クリップボード」は、その名のとおりOSのクリップボードを送信先とするものです。選択すると下の画像のようなページが表示され、タイトルのみ、URLのみ、またはタイトルとURLの両方をクリップボードにコピーできます。


少し面倒ではありますが、Android以外のプラットフォームで他のネイティブアプリ等に記事タイトル・URLを持っていきたいときにご利用いただけます。もちろん、対応しているアプリでしたらURLスキームを設定していただくとより便利ですよ!

送信先でのJavaScriptの実行 「システム共有メニュー」を実装した副産物として、カスタム送信先で任意のJavaScriptコードを実行できるようになりました。ブックマークレットと同じ要領でJavaScriptコードをjavascript:〜形式のURLに変換し、カスタム送信先の「送信先URL」の欄に入力すれば、その送信先を選択した際にスクリプ…